会社設立の基本知識 - 東京で会社設立したい

東京で会社設立したい > 会社設立の基本知識

会社設立の基本知識

image

会社設立に関して知っておきたい基本知識をご紹介します。
どうやれば設立ができるのか一般的にあまり知られていませんが、これは基本的に書類仕事になります。
会社設立するために必要な書類を作ってそれを指定の提出先まで順番に提出していくのです。

完全にすべてが書類の作成だけとなるわけではもちろんありませんが、基本的には書類の準備と提出というのが会社設立の手続きとなります。
基本知識として知っておくといいでしょう。

作るべきその書類とはどんなものかというと、主に知っておきたいのは定款です。
これは「ていかん」と読む書類で、その会社についていろいろなことが載っています。
実はどんな会社でも定款を持っているのですが、そのわけは定款を作ることが会社設立の第一歩となるためです。
定款を作らないことには会社設立も始まりません。

設立された会社はみんな定款を作ってきたわけですから、どんな会社でも定款を持っていることになるのです。
これから会社設立を目指す方にとっては定款をいかに完成させるかがポイントになるでしょう。

ちなみに定款とはどうやって作るのかというと、自分で無料の書式をダウンロードして必要な個所を埋めていく形でも作れますし、専門家に代行してもらう形でも作れます。
どちらの方法で作ってもOKですが、早さや精度を重視するなら専門家への代行が基本的におすすめですね。
この書類の作成に興味があったり、費用を節約したかったりするなら自分で作るのもおすすめです。

定款が完成すれば会社設立の手続きもかなり前進します。
あとは必要書類を揃えて関係する役所で手続きするという形になります。
会社設立するためにまず何をすればいいのかわかると行動もスムーズになり、早く設立もできますから覚えておくといいでしょう。

このほか知っておきたい基本知識は手続きする場所です。
会社設立するためにはどこで手続きをするのかというと、株式会社の場合は公証役場と法務局です。
合同会社の場合は法務局のみとなります。

公証役場とは書類を公証人に確認してもらいその文書の内容を第三者に証明してもらえるようにする役場のことです。
客観性が重要な書類を作るときによく利用されます。

法務局とは登記をする役場のことです。
登記とは登録手続きの一種となり、不動産の持ち主情報などを登録しておきます。
会社の情報も登録すべき内容の一つになっているため、設立するときにはこちらで登記を行うのです。
このような役場で会社設立の手続きをするのだと覚えておくといいです。
まだまだほかにも知っておきたいことはありますが、これら会社設立の基本知識を知っていると設立が楽になりますよ。