東京で会社設立をする際の準備としては? - 東京で会社設立したい

東京で会社設立したい > 東京で会社設立をする際の準備

東京で会社設立をする際の準備としては?

東京で会社設立を考えて申請手続きをするためには、様々な準備が必要になります。
準備として最初に決めなければならない事項としては、会社の名前・会社設立の目的・仕事の内容・会社の本店住所などがあります。
これらの事項は会社設立して運営していくためにとても重要なことになるので、慎重に決めていく必要があります。

会社の名前となる商号は会社の顔とも考えられるもので、東京で会社設立した後の運営で非常に重要なものになるのです。
また、一旦決定した会社の商号を変更するには、定款の変更や登記内容の変更が必要になりますし、各官庁へ変更の届出などの手続きも必要になります。
ちなみに会社の商号は原則自由に決めることが可能です。
ただし、会社の商号の中に株式会社の文字を使用しなければならない、商号に記号などの使用はできない、社会的に認知されている名称を使用してはならない、銀行・信託・証券といった文字の使用はできないなど、いくつかのルールが定められています。
東京で会社設立の準備をするのなら、しっかりと理解した上で会社の商号を慎重に検討することです。

会社の目的も商号と同様に一旦決定すると、変更の際には定款の変更・登記内容の変更などの手続きが必要になります。
また、目的や内容について違法性がないことや目的内容が明確であることなどがルールとしてあります。
それから会社設立の登記申請には、具体的な本店の所在地を記載する必要があります。
ただ法務局が類似商号の調査を実施する際に特定可能なら良いので、最小行政区画である市町村まで定めておけば大丈夫です。

それから会社設立をするには数多くの書類を作成・準備する必要があります。
また、書類に記載される文言が間違っていると、会社が設立できなくなる可能性も考えられるので、細心の注意をして準備する必要があります。
会社設立に関して必要となる費用も準備しなくてはなりません。
ちなみに発生する費用としては、公証人役場に支払う定款認証費用と法務局に支払う登録免許税です。