東京で会社設立をする際に税理士に委託する選択肢もある - 東京で会社設立したい

東京で会社設立したい > 税理士に委託する選択肢もある

東京で会社設立をする際に税理士に委託する選択肢もある

東京で会社設立を考えている人の中には、とても大事なことで難しいというイメージが強いかと思います。
実際、一大決心が必要ですし面倒な手続きも多く難しいことですが、イメージばかりを膨らませて大げさに考える必要はないのです。
東京での会社設立は決して敷居の高いものではなくて、マイホームを建てることや車を購入するのと同じように考えることも可能と言えるのです。

その理由は、会社設立に関する相談や手続きの殆どを、司法書士・行政書士・税理士などの専門家に委託するという選択肢があるからです。
ただし、会社設立の代行はどこに依頼しても同じではないので、どのようなところまでカバーしてほしいのかを考えて選択する必要があります。

会社設立の登記手続きだけを委託しようと考えているのなら、司法書士や行政書士に依頼する方法もあります。
しかし、会社設立で難しいことは法務局に登記申請をすることではなくて、事業がスムーズにスタートできること、無駄な税金がかからないようにする、数年で会社が潰れないようにリスク回避することです。
つまり、会社設立から会社経営に至るまで適切なアドバイスが受けられることが必要になるのです。
ですから、思い通りの形で会社設立したい、融資や助成金を受けられる会社にしたい、節税も含めた総合的なアドバイスが欲しいと言ったニーズがあるのなら、税理士に依頼すると良いです。

では、税理士ならどこでも良いのかというと、税理士事務所で違いがあるのでしっかりと比較して依頼先を選択する必要があります。
まず比較する際には、知識や経験が少なくては総合的なアドバイスも期待できないので、東京での実績をしっかりとチェックする必要があります。
また、会社設立と共にどのような内容の税務顧問をしてくれるのか、年間報酬費用はいくらになるのかも確認しなくてはなりません。
ちなみに一般的な報酬相場としましては、会社設立を含めて年間20~50万円程度と言われていますが、事務所によっては低価格でサービスを提供しているところも少なくないです。