東京で合同会社として会社設立を考えるのなら - 東京で会社設立したい

東京で会社設立したい > 東京で合同会社として会社設立

東京で合同会社として会社設立を考えるのなら

会社法において定められているのは株式会社だけではなくて、合名会社・合資会社・合同会社などいくつかの種類があります。
その中で合同会社は株式会社を小さくしたイメージがあり小規模な事業をするのに向いていると考えられます。
その為に東京で会社設立を考えている人は、事業をはじめるにあたって株式会社か合同会社のいずれかを選択することが多いのです。

では、東京で会社設立する際に合同会社を選択するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
最大のメリットといえるのは設立費用が安いという点で、株式会社では法定費用が20万円必要になるのに対して、合同会社なら6万円で済みます。
また、手続きも株式会社よりも簡単なので、安い費用で早く会社設立を考えているのなら合同会社の設立の方が適していると言えます。
株式会社は毎年決算公告をする義務があるのですが、合同会社は不要で年間約6万円の運営経費の節約になる点もメリットになります。
その他には、役員の任期がないので更新手続きふようですし、剰余金の分配制限がないこともメリットです。

ただ、株式会社ほどメジャーになっていないために、会社名を看板に営業展開するのなら株式会社にした方が適しています。
しかし先に触れたようなメリットがあるので、それ以外のケースでは合同会社で十分と考えられます。
ちなみに、最近では3社に1社は合同会社による会社設立がされているので、いずれは合同会社もメジャーになっていく可能性はあります。

東京で合同会社による会社設立をする際の手続は、法務局に登記申請書を提出するだけOKです。
その為、正しい登記申請書を作成することが主な作業となりますが、サンプルを探して作成することもできるので難易度は低いと考えられます。
合同会社の設立に必要となる費用としては、会社に預けるお金で費用とは言えないのですが、必要なお金という意味で資本金があります。
また、登記申請時に必要となる法定費用、会社の印鑑の作成や印鑑証明書の費用など、その他の費用もあって、大きく分けるとこれら3つになります。