東京で会社設立する際に発生する費用は? - 東京で会社設立したい

東京で会社設立したい > 東京で会社設立する際に発生する費用

東京で会社設立する際に発生する費用は?

東京で会社設立を考えている人の中には、会社設立は自分で実施すると考え会社設立の流れや手続についていろいろと調べて理解しようとする方もいます。
ただ場合によっては会社設立の手続を自分でやるよりも、司法書士・行政書士・税理士などの専門家に依頼したほうが費用は安くなって得ということもあるのです。
そこで、専門家に依頼したほうが得かを判断するために、東京で会社設立をする際に気になる関連して発生する費用について知っておくと参考になります。

東京で会社設立する際に発生する費用としては、まず公証人役場に支払う定款認証費用があります。
その内訳は、収入印紙代が4万円・定款認証手数料が5万円・謄本手数料が2,000円で、費用合計は9万2,000円となります。
ただし、電子認証手続きをすることで収入印紙代の4万円が不要となって、定款認証費用の合計が5万2,000円と安くなるのです。
しかし電子認証手続きをするためには専用ソフトが必要になるなど、個人でやるとなれば逆に費用が掛かってしまうのです。
安く会社設立したいのなら電子認証手続きをしている司法書士・行政書士・税理士などの専門家が運営する代行業者に依頼した方が得策になるのです。
また会社設立代行業者に依頼すると単に費用の節約ができるだけでなくて、会社設立の方法・そのメリットやデメリット・税務上のメリットや留意点・公的創業融資を受けられるコツなど、様々な知識やアドバイスが得られるのです。

もうひとつ会社設立で発生する費用としては法務局に支払う登録免許税があります。
登録免許税は出資金の1,000分の7となっているので、出資金1,000万円の場合なら15万円となります。
会社設立に必要となる2つの費用を合計すると24万2,000円ということになりますが、先に触れたように専門家に依頼すると印紙代が不要になるので、自分で行なうより実質安くなる場合もあります。
費用が安くなること、そして会社設立に関連したサポートが受けることなどを考慮して、専門家への依頼をどうするかを判断すると良いです。