会社設立相談で今後の対策! - 東京で会社設立したい

東京で会社設立したい > 会社設立相談で今後の対策!

会社設立相談で今後の対策!

image

会社設立は手続きが難しいイメージがあり、不安に感じている人もいるでしょう。
しかし、実際には、設立のための手続きよりも、設立してからの方が大変なことが多いです。
会社設立後の具体的な経営相談アドバイスを聞いて対策を立てるには、どこに相談をしにいけばいいのでしょうか?

まず一番最初に考えられるのが、市役所の相談窓口です。
役場には、法律の専門家や会計の専門家が在籍していますので、その方たちから会社設立に関する話を聞くことができます。
相談は無料ですが親切に教えてくれますので、会社設立を考えている人は足を運ぶべきところだと思います。

他には、意外な場所として法務局でも同じような相談窓口が設けられているため、手続きでわからないことなどがあれば、そちらに相談するといいでしょう。
後は、事務所によっては有料になる場合がありますが、税理士や会計士などでも会社設立に関する相談を受け付けているところがあります。

そういった事務所の中には、起業を考えている人に融資を行うサービスをやってるところもありますので、資金繰りをなんとかしたい人は、相談するといいかもしれません。
ちなみに、会社設立の書類を作成する時には、行政書士にもお願いすることができます。

行政書士は、役所と事業者の間をつなぐ架け橋になる存在です。
費用も、他の弁護士や司法書士などと比べて安く設定されていますので、一度相談をしてみると良いでしょう

話は変わりますが、こういった会社設立をする時には、国からの補助金や融資制度などを利用するという方法もあります。
運転資金がなかなか集まらなかった人は、まずは詳しい事業計画書を書いて、役場の相談窓口に持って行ってみてください。
国からの融資制度は返済義務がありますが、金利がかなり安く融資を受けることができますので、他のとこで借りるより、ここで借りられるのであれば、申請にチャレンジしてみるべきです。

日本政策金融公庫という名前を、聞いたことがある人も多いかと思われますが、そこでは中小企業経営力強化資金として、無担保で保証人不要、なおかつ低金利で融資を受けられる公的サービスが行われています。
こちらは補助金とは違って返済する義務がありますが、かなり安い金利で借りられますので、活用しない手はありません。

予算に余裕があるのであれば、企業法務専門の弁護士などを雇って、こちらの融資申し込み手続きを代行してもらうというのも、一つの手です。
ですがこういった融資は、やはり会社のオーナーの顔が大事ということになってきますので、まずは自分で事業計画書を書いてみるようにしましょう。

一度こういった手続きを経験しておくと、2回目3回目に別の事業を始める時、スムーズに手続きを進めていくことができます。
まずは、調べながら会社設立の手続きを進めていきましょう。